Category

挨拶・自己紹介フレーズ集

  • 自然な挨拶フレーズ       

    こんにちは。kosukeです。 第1回目の投稿は「英会話挨拶フレーズ」を発信していきます。 上手くみなさんに伝えられるか心配ですが、自分が海外で必死で覚えたフレーズを伝えていきます。 今、世界はコロナ禍で海外留学や旅行が気軽にできない状態です。 せっかく覚えた英語フレーズや単語を使って 楽しく海外の人とコミュニケーションができない今みなさんと英語を結びつけるブログを発信していきます。 多くの方は英語の知識を得るために 動画をみたり 教材や参考書を買ったり オンライン英会話を受けたり これまで、たくさん行動して自分にインプットしてきたとおもいます。 僕もいまオンライン英会話やスカイプで自分のさびついた英会話をのばしています。 みなさんには そこから得た英会話フレーズや 僕が海外で身についた英会話テクニックを発信して みなさんと英語を結びつける架け橋になれればいいなと感じてます。 このブログを見て この記事で英語が上達したー! 英会話が楽しくなってきたー! と思われるように 皆さんの悩みを解決していきます! このブログを見ている方に少しでもお役に立てるように頑張って発信していきます。 ではここで皆さんに質問です。 みんさんは英語の挨拶と言えばどんなフレーズを思い浮かべますか? [ふきだし icon="https://learning-eng.net/wp-content/uploads/2021/11/IMG_3637-1.jpg" align="left" col_border="#000" col="#fff" type="speaking" border="on" icon_shape="circle"]英語の最初の授業にHow are you? How are you doing?元気ですか?I'm fine thank you. 元気ですよ。この二つのフレーズを覚えた方が多いと思います。[/ふきだし] 僕も同じフレーズを覚えました。 下のフレーズを毎回授業の最初に言わされ嫌になりました。 キャプション Good morning everyone. How are you doing today? I'm fine thank you. And you? I'm fine thank you too. ほとんどの方がこのフレーズを嫌と言うほど言わされ覚えさせられたと思います。 僕も未だに覚えている挨拶フレーズで頭から離れられないです。 今現在でも使われているフレーズらしいですが実際海外ではあまり使われていません。 別に間違ってはいないのですが違和感がありおすすめできないフレーズです。 今回は僕がロンドンで身に付けた挨拶フレーズを発信していきます。 このフレーズはカジュアルな表現なのでビジネス表現には適していません。 ビジネス的な表現についてはまたの機会で紹介します。 まずは相手に挨拶するときのフレーズ「元気ですか❓」 キャプション How's it going? How are you holding out? What's going on? What's up? Is everything going well? Is everything ok? では「元気ですか❓」の問いに答えるフレーズ「元気ですよ」 キャプション 「とても元気だよ」 I'm pretty good. Couldn't be better. I'm great. Fantastic. Perfect. Never better. 「元気だよ」「普通だよ」 I'm ok. I'm good. I'm alright. Same as usual. Not so bad. これはほんの一部を紹介しただけですのでまだまだ沢山の挨拶表現があります。 今の日本の英語教育では教えていないフレーズだと思います。 実際現地に行って初めて耳にする言葉です。 これが「生きた英語フレーズ」なんです。 挨拶だけではなく実際現場で飛び交っている「生きた英語フレーズ」を学び話せるようになると楽しくなってきます。 この「生きた英語フレーズ」をこのブログで皆さんに伝えていきます。 次回は挨拶を含めた「自己紹介フレーズ」を投稿していきます。 第一回目の「英会話挨拶フレーズ」でしたがどうでしたか? 少しでもお役に立てれば嬉しいです。 毎日必死に英語を勉強されたり オンライン英会話を受講されたり と毎日大変ですが みなさんと英語を結びつける架け橋となれるように頑張って発信していきます。

  • 自己紹介フレーズ

    皆さんこんにちは。kosukeです。 このブログは、皆さんと英語を結びつける架け橋となれる内容です。 前回は「英会話挨拶フレーズ」でしたがいかがでしたか? 挨拶は、 人とあなたを結びつける魔法のように感じます。 英語だけではなくすべての言語に共通することです。 ポイントは 相手の目を見て話すこと! 恥ずかしがらずに、元気よく言うこと! 笑顔を絶やさずに! です。 特に英語圏では重要なことでです。 日本の文化とは違い英会話は異文化コミュニケーションです。 ハグしたり握手をしたりと 初めは驚くかもしれませんが、英語圏では日常行われています。 恥ずかしがらずにトライしていきましょう! 先ほど言いましたが、英会話は異文化コミュニケーションです。 初対面の人に自己紹介するときのフレーズは色々あります。 日本の英語学習で覚えた決まり文句以外に沢山あり覚えるのが大変ですが、あまり深く考えすぎずに楽しく覚えましょう! 第二回目の投稿は「自己紹介フレーズ」を紹介していきます。 自己紹介はコミュニケーションの第一歩であり相手に好印象を与える大事なことです。 基本は名前や出身地を言ったり、趣味や家族構成を述べるのが自己紹介なのですが、 自分だけにしか出来ないオリジナリティーある「自己紹介フレーズ」を身に付けることが必要です。 それが後々の英語学習にも繋がっていきます。 最低でも1分間は英語で自己紹介できるように頑張りましょう。 「1分間も…! そんなに英語をしゃべれない」 「1分間も話す自信がない!」 「話すネタがない!」 という方達が沢山いますが、自己紹介が終わってみたら 「2分間もしゃべっていた」 というケースがかなり多いです。(詰まりながらですが) 英語がどんなに苦手で話せなくても、自分の名前を名乗ることはだれでもできます。 他にも 住んでいる所 好きなこと 仕事の簡単な説明 家族構成 など細かく細分化すれば沢山あります。 文法や単語の使い方などが間違っていたとしても 伝わる英語表現で相手に分かってもらえます。 まずは基本的な挨拶から学習していきましょう。 英語での自己紹介を上手にスムーズに行えるように、ポイントを3つ紹介します。 流れは、①挨拶→②名前→③会えた喜び(日本語で「よろしくお願いします」の意味)の順で説明していきます。 [ふきだし icon="https://learning-eng.net/wp-content/uploads/2021/11/IMG_3637-1.jpg" align="left" col_border="#000" col="#fff" type="speaking" border="on" icon_shape="circle"]定番フレーズですがとても大事なコミュニケーションの第一歩です。一緒に頑張って覚えていきましょう。覚えながら口に出して言うこともだいじです。[/ふきだし] ①挨拶 [ふきだし icon="https://learning-eng.net/wp-content/uploads/2021/11/IMG_3637-1.jpg" align="left" col_border="#000" col="#fff" type="speaking" border="on" icon_shape="circle"]Hi there(やあ)Hello(こんにちは)Good morning(おはようございます)Good afternoon(こんにちは)Good evening(こんばんは)Nice to meet you(はじめまして)[/ふきだし] 簡単なフレーズで言いやすい言葉です。 相手の目を見ながら握手して言うのが英語圏の特徴です。 恥ずかしがらずに元気よくいうのが好印象です。 相手の心をつかんでください。 ②名前 [ふきだし icon="https://learning-eng.net/wp-content/uploads/2021/11/IMG_3637-1.jpg" align="left" col_border="#000" col="#fff" type="speaking" border="on" icon_shape="circle"] 挨拶の次に述べるのが名前です。相手に自分の名前を憶えてもらうために最低でも2回は言ってください。相手はあなたのことを知れません。名前は「固有名詞」であり、相手にとっては初めて聞く言葉です。特に、英語圏ではアジア人の名前に慣れてなく聞き取りにくいです。ロンドンに住んでいたときも僕の名前を憶えてもらえず四苦八苦してました。相手に名前を憶えてもらうためには最低でも2回言ってください。そして大きくゆっくり相手に名前をいうのがポイントです。どうしても相手が分からないのであれば文字を書いて説明するのもいいです。 少しの工夫や気配りが相手に伝わります。恥ずかしがらずにトライしていきましょう。では説明していきます。[/ふきだし] [ふきだし icon="https://learning-eng.net/wp-content/uploads/2021/11/IMG_3637-1.jpg" align="left" col_border="#000" col="#fff" type="speaking" border="on" icon_shape="circle"] I'm Taro Sasaki (佐々木たろうです)[/ふきだし] 自分の名前を言ったあとにどのように呼んでもらいたいか相手に言います。 [ふきだし icon="https://learning-eng.net/wp-content/uploads/2021/11/IMG_3637-1.jpg" align="left" col_border="#000" col="#fff" type="speaking" border="on" icon_shape="circle"]Just call me Taro.Everyone calls me Taro (皆はたろうと呼んでるよ)[/ふきだし] ③会えた喜び(よろしくお願いします) [ふきだし icon="https://learning-eng.net/wp-content/uploads/2021/11/IMG_3637-1.jpg" align="left" col_border="#000" col="#fff" type="speaking" border="on" icon_shape="circle"]最後に出会えた喜びを表現する言葉を覚えましょう。ここまで出来れば相手の心をつかめます。この人「英語話せる」と相手に印象づけさせることもできます。では説明します。[/ふきだし] [ふきだし icon="https://learning-eng.net/wp-content/uploads/2021/11/IMG_3637-1.jpg" align="left" col_border="#000" col="#fff" type="speaking" border="on" icon_shape="circle"]It's my pleasure to meet you.I'm glad to meet you.[/ふきだし] 僕は、plesure to meet you をよく使いますがどちらでもOKです。 I’mやIt'sは省略しても大丈夫です。 ここまでが定番フレーズです。 正直あまり難しくなく覚えられるフレーズです。 毎日口に出して覚えましょう。 ポイントは ①相手の目を見て話すこと! ②恥ずかしがらずに、元気よくいうこと! ③笑顔を絶やさずに! です。 上記のことは非言語コミュニケーションですが 英語圏ではかなり重要です。 相手の目を見ないで話したり、笑顔がないと相手に不快感を与えてしまいます。 相手に興味がある立ち振る舞いも大事で、海外で英語を学ぶ最も大事なことです。 コロナ禍でなかなか外国に行けませんが、ここでしっかり準備や心構えをしていってください。 この後に独自の「自分にしかない自己紹介フレーズ」を作っていきます。 具体的には 出身地 家族構成 仕事内容(簡単な説明) 趣味(好きなこと) など 話す内容を細分化していきます。 細分化して肉付けしていけば 「自己紹介最低1分間」は簡単にクリアできます。 次回も、皆さんと英語を結びつける架け橋となれる表現を発信していきます。

  • 自己紹介フレーズ No2

    みなさんこんにちは。Kosukeです。 このブログは、みなさんと英語を結びつける架け橋となれる英語フレーズを発信しています。 前回の自己紹介フレーズはどうでしたか? そんなに難しいフレーズではないので、毎日口ずさむとすぐに覚えられます。頑張って覚えましょう! 今回は、前回の自己紹介に肉付けしていく自己紹介フレーズです。 今回のフレーズを覚えれば、前回も言いましたが "「1分間自己紹介」" できます。それ以上できます(2~3分間) 具体的に言うと "住んでいる場所" "家族構成" "趣味"(好きなこと) "仕事内容"(簡単に説明) の4つのポイントに細分化して説明していきます。 前回よりも少し覚えるのが多いですが、これを覚えれば、英会話上達の第一歩です。頑張りましょう。 では、まず第1ポイントの「住んでいる場所」から I live in (場所)I live in Yokohama city.~市は "city" ~地区は "district" ~県は "prefecture"この鉄板フレーズの後に肉付けしていきます。Yokohama has many good restaurants.(横浜にはいいレストランが沢山あります)Yokohama is known as a busy and fashionable place.(横浜は賑やかでおしゃれな場所として有名です)I live in だけだと "つまらない会話" になってしまうので相手に少しだけ情報を与えるとイメージが沸きます。I'm a (職業)full time job(正社員) temporary worker(派遣社員)part time job(パート従業員)salesman(営業職) programmer(プログラマー)accountant(会計) office worker(事務職)primary school student(小学生)junior high school student(中学生)high school student(高校生)university school student(大学生)これに少し肉付けしますとWe sell (製造名)or We product(製造名)My (働いている場所)is near station.(働いている場所は駅から近いです)会社名や学校名は大きくゆっくり話しましょう。My hobby is (好きな事)or I like (好きな事)My hobby is traveling.I travel every month(毎月旅行にいきます)I like baseball.I enjoy playing baseball with my friend.(友達と一緒に野球をするのが好きです)My favorite baseball player is Ichiro Suzuki.(イチロウが好きです)家族構成family structure. family makeup. どちらでもOkです。Here is my family makeup.My father, mother, sister,これに年齢や職業などを入れるとgoodです。情報を相手に教えてください。 以上が自己紹介1分間フレーズです。 自己紹介が上手になることが、英会話上達の第一歩であり、英語が好きになれるきっかけにもなる重要なフレーズです。 毎日口ずさみ、反復練習やオンライン英会話などで実践を積むことよって自信がつきます。 最初はゆっくり大きな声で自己紹介することを心掛けて毎日練習しましょう。慣れてきたら、自分で少しずつ肉付けしていってください。 英語が好きになれて自信が付くフレーズです。諦めずに頑張りましょう。 以上が自己紹介フレーズ集です。次回からは自分がオンライン英会話や海外で覚えたフレーズを発信していきます。 "難しそう” "覚えられない” と思われますが大丈夫です。 1つ1つ例文をつけて説明致しますので安心してください。 一緒に頑張りましょう。

  • 自然な挨拶フレーズ       

    こんにちは。kosukeです。 第1回目の投稿は「英会話挨拶フレーズ」を発信していきます。 上手くみなさんに伝えられるか心配ですが、自分が海外で必死で覚えたフレーズを伝えていきます。 今、世界はコロナ禍で海外留学や旅行が気軽にできない状態です。 せっかく覚えた英語フレーズや単語を使って 楽しく海外の人とコミュニケーションができない今みなさんと英語を結びつけるブログを発信していきます。 多くの方は英語の知識を得るために 動画をみたり 教材や参考書を買ったり オンライン英会話を受けたり これまで、たくさん行動して自分にインプットしてきたとおもいます。 僕もいまオンライン英会話やスカイプで自分のさびついた英会話をのばしています。 みなさんには そこから得た英会話フレーズや 僕が海外で身についた英会話テクニックを発信して みなさんと英語を結びつける架け橋になれればいいなと感じてます。 このブログを見て この記事で英語が上達したー! 英会話が楽しくなってきたー! と思われるように 皆さんの悩みを解決していきます! このブログを見ている方に少しでもお役に立てるように頑張って発信していきます。 ではここで皆さんに質問です。 みんさんは英語の挨拶と言えばどんなフレーズを思い浮かべますか? [ふきだし icon="https://learning-eng.net/wp-content/uploads/2021/11/IMG_3637-1.jpg" align="left" col_border="#000" col="#fff" type="speaking" border="on" icon_shape="circle"]英語の最初の授業にHow are you? How are you doing?元気ですか?I'm fine thank you. 元気ですよ。この二つのフレーズを覚えた方が多いと思います。[/ふきだし] 僕も同じフレーズを覚えました。 下のフレーズを毎回授業の最初に言わされ嫌になりました。 キャプション Good morning everyone. How are you doing today? I'm fine thank you. And you? I'm fine thank you too. ほとんどの方がこのフレーズを嫌と言うほど言わされ覚えさせられたと思います。 僕も未だに覚えている挨拶フレーズで頭から離れられないです。 今現在でも使われているフレーズらしいですが実際海外ではあまり使われていません。 別に間違ってはいないのですが違和感がありおすすめできないフレーズです。 今回は僕がロンドンで身に付けた挨拶フレーズを発信していきます。 このフレーズはカジュアルな表現なのでビジネス表現には適していません。 ビジネス的な表現についてはまたの機会で紹介します。 まずは相手に挨拶するときのフレーズ「元気ですか❓」 キャプション How's it going? How are you holding out? What's going on? What's up? Is everything going well? Is everything ok? では「元気ですか❓」の問いに答えるフレーズ「元気ですよ」 キャプション 「とても元気だよ」 I'm pretty good. Couldn't be better. I'm great. Fantastic. Perfect. Never better. 「元気だよ」「普通だよ」 I'm ok. I'm good. I'm alright. Same as usual. Not so bad. これはほんの一部を紹介しただけですのでまだまだ沢山の挨拶表現があります。 今の日本の英語教育では教えていないフレーズだと思います。 実際現地に行って初めて耳にする言葉です。 これが「生きた英語フレーズ」なんです。 挨拶だけではなく実際現場で飛び交っている「生きた英語フレーズ」を学び話せるようになると楽しくなってきます。 この「生きた英語フレーズ」をこのブログで皆さんに伝えていきます。 次回は挨拶を含めた「自己紹介フレーズ」を投稿していきます。 第一回目の「英会話挨拶フレーズ」でしたがどうでしたか? 少しでもお役に立てれば嬉しいです。 毎日必死に英語を勉強されたり オンライン英会話を受講されたり と毎日大変ですが みなさんと英語を結びつける架け橋となれるように頑張って発信していきます。

  • 自己紹介フレーズ

    皆さんこんにちは。kosukeです。 このブログは、皆さんと英語を結びつける架け橋となれる内容です。 前回は「英会話挨拶フレーズ」でしたがいかがでしたか? 挨拶は、 人とあなたを結びつける魔法のように感じます。 英語だけではなくすべての言語に共通することです。 ポイントは 相手の目を見て話すこと! 恥ずかしがらずに、元気よく言うこと! 笑顔を絶やさずに! です。 特に英語圏では重要なことでです。 日本の文化とは違い英会話は異文化コミュニケーションです。 ハグしたり握手をしたりと 初めは驚くかもしれませんが、英語圏では日常行われています。 恥ずかしがらずにトライしていきましょう! 先ほど言いましたが、英会話は異文化コミュニケーションです。 初対面の人に自己紹介するときのフレーズは色々あります。 日本の英語学習で覚えた決まり文句以外に沢山あり覚えるのが大変ですが、あまり深く考えすぎずに楽しく覚えましょう! 第二回目の投稿は「自己紹介フレーズ」を紹介していきます。 自己紹介はコミュニケーションの第一歩であり相手に好印象を与える大事なことです。 基本は名前や出身地を言ったり、趣味や家族構成を述べるのが自己紹介なのですが、 自分だけにしか出来ないオリジナリティーある「自己紹介フレーズ」を身に付けることが必要です。 それが後々の英語学習にも繋がっていきます。 最低でも1分間は英語で自己紹介できるように頑張りましょう。 「1分間も…! そんなに英語をしゃべれない」 「1分間も話す自信がない!」 「話すネタがない!」 という方達が沢山いますが、自己紹介が終わってみたら 「2分間もしゃべっていた」 というケースがかなり多いです。(詰まりながらですが) 英語がどんなに苦手で話せなくても、自分の名前を名乗ることはだれでもできます。 他にも 住んでいる所 好きなこと 仕事の簡単な説明 家族構成 など細かく細分化すれば沢山あります。 文法や単語の使い方などが間違っていたとしても 伝わる英語表現で相手に分かってもらえます。 まずは基本的な挨拶から学習していきましょう。 英語での自己紹介を上手にスムーズに行えるように、ポイントを3つ紹介します。 流れは、①挨拶→②名前→③会えた喜び(日本語で「よろしくお願いします」の意味)の順で説明していきます。 [ふきだし icon="https://learning-eng.net/wp-content/uploads/2021/11/IMG_3637-1.jpg" align="left" col_border="#000" col="#fff" type="speaking" border="on" icon_shape="circle"]定番フレーズですがとても大事なコミュニケーションの第一歩です。一緒に頑張って覚えていきましょう。覚えながら口に出して言うこともだいじです。[/ふきだし] ①挨拶 [ふきだし icon="https://learning-eng.net/wp-content/uploads/2021/11/IMG_3637-1.jpg" align="left" col_border="#000" col="#fff" type="speaking" border="on" icon_shape="circle"]Hi there(やあ)Hello(こんにちは)Good morning(おはようございます)Good afternoon(こんにちは)Good evening(こんばんは)Nice to meet you(はじめまして)[/ふきだし] 簡単なフレーズで言いやすい言葉です。 相手の目を見ながら握手して言うのが英語圏の特徴です。 恥ずかしがらずに元気よくいうのが好印象です。 相手の心をつかんでください。 ②名前 [ふきだし icon="https://learning-eng.net/wp-content/uploads/2021/11/IMG_3637-1.jpg" align="left" col_border="#000" col="#fff" type="speaking" border="on" icon_shape="circle"] 挨拶の次に述べるのが名前です。相手に自分の名前を憶えてもらうために最低でも2回は言ってください。相手はあなたのことを知れません。名前は「固有名詞」であり、相手にとっては初めて聞く言葉です。特に、英語圏ではアジア人の名前に慣れてなく聞き取りにくいです。ロンドンに住んでいたときも僕の名前を憶えてもらえず四苦八苦してました。相手に名前を憶えてもらうためには最低でも2回言ってください。そして大きくゆっくり相手に名前をいうのがポイントです。どうしても相手が分からないのであれば文字を書いて説明するのもいいです。 少しの工夫や気配りが相手に伝わります。恥ずかしがらずにトライしていきましょう。では説明していきます。[/ふきだし] [ふきだし icon="https://learning-eng.net/wp-content/uploads/2021/11/IMG_3637-1.jpg" align="left" col_border="#000" col="#fff" type="speaking" border="on" icon_shape="circle"] I'm Taro Sasaki (佐々木たろうです)[/ふきだし] 自分の名前を言ったあとにどのように呼んでもらいたいか相手に言います。 [ふきだし icon="https://learning-eng.net/wp-content/uploads/2021/11/IMG_3637-1.jpg" align="left" col_border="#000" col="#fff" type="speaking" border="on" icon_shape="circle"]Just call me Taro.Everyone calls me Taro (皆はたろうと呼んでるよ)[/ふきだし] ③会えた喜び(よろしくお願いします) [ふきだし icon="https://learning-eng.net/wp-content/uploads/2021/11/IMG_3637-1.jpg" align="left" col_border="#000" col="#fff" type="speaking" border="on" icon_shape="circle"]最後に出会えた喜びを表現する言葉を覚えましょう。ここまで出来れば相手の心をつかめます。この人「英語話せる」と相手に印象づけさせることもできます。では説明します。[/ふきだし] [ふきだし icon="https://learning-eng.net/wp-content/uploads/2021/11/IMG_3637-1.jpg" align="left" col_border="#000" col="#fff" type="speaking" border="on" icon_shape="circle"]It's my pleasure to meet you.I'm glad to meet you.[/ふきだし] 僕は、plesure to meet you をよく使いますがどちらでもOKです。 I’mやIt'sは省略しても大丈夫です。 ここまでが定番フレーズです。 正直あまり難しくなく覚えられるフレーズです。 毎日口に出して覚えましょう。 ポイントは ①相手の目を見て話すこと! ②恥ずかしがらずに、元気よくいうこと! ③笑顔を絶やさずに! です。 上記のことは非言語コミュニケーションですが 英語圏ではかなり重要です。 相手の目を見ないで話したり、笑顔がないと相手に不快感を与えてしまいます。 相手に興味がある立ち振る舞いも大事で、海外で英語を学ぶ最も大事なことです。 コロナ禍でなかなか外国に行けませんが、ここでしっかり準備や心構えをしていってください。 この後に独自の「自分にしかない自己紹介フレーズ」を作っていきます。 具体的には 出身地 家族構成 仕事内容(簡単な説明) 趣味(好きなこと) など 話す内容を細分化していきます。 細分化して肉付けしていけば 「自己紹介最低1分間」は簡単にクリアできます。 次回も、皆さんと英語を結びつける架け橋となれる表現を発信していきます。

  • 自己紹介フレーズ No2

    みなさんこんにちは。Kosukeです。 このブログは、みなさんと英語を結びつける架け橋となれる英語フレーズを発信しています。 前回の自己紹介フレーズはどうでしたか? そんなに難しいフレーズではないので、毎日口ずさむとすぐに覚えられます。頑張って覚えましょう! 今回は、前回の自己紹介に肉付けしていく自己紹介フレーズです。 今回のフレーズを覚えれば、前回も言いましたが "「1分間自己紹介」" できます。それ以上できます(2~3分間) 具体的に言うと "住んでいる場所" "家族構成" "趣味"(好きなこと) "仕事内容"(簡単に説明) の4つのポイントに細分化して説明していきます。 前回よりも少し覚えるのが多いですが、これを覚えれば、英会話上達の第一歩です。頑張りましょう。 では、まず第1ポイントの「住んでいる場所」から I live in (場所)I live in Yokohama city.~市は "city" ~地区は "district" ~県は "prefecture"この鉄板フレーズの後に肉付けしていきます。Yokohama has many good restaurants.(横浜にはいいレストランが沢山あります)Yokohama is known as a busy and fashionable place.(横浜は賑やかでおしゃれな場所として有名です)I live in だけだと "つまらない会話" になってしまうので相手に少しだけ情報を与えるとイメージが沸きます。I'm a (職業)full time job(正社員) temporary worker(派遣社員)part time job(パート従業員)salesman(営業職) programmer(プログラマー)accountant(会計) office worker(事務職)primary school student(小学生)junior high school student(中学生)high school student(高校生)university school student(大学生)これに少し肉付けしますとWe sell (製造名)or We product(製造名)My (働いている場所)is near station.(働いている場所は駅から近いです)会社名や学校名は大きくゆっくり話しましょう。My hobby is (好きな事)or I like (好きな事)My hobby is traveling.I travel every month(毎月旅行にいきます)I like baseball.I enjoy playing baseball with my friend.(友達と一緒に野球をするのが好きです)My favorite baseball player is Ichiro Suzuki.(イチロウが好きです)家族構成family structure. family makeup. どちらでもOkです。Here is my family makeup.My father, mother, sister,これに年齢や職業などを入れるとgoodです。情報を相手に教えてください。 以上が自己紹介1分間フレーズです。 自己紹介が上手になることが、英会話上達の第一歩であり、英語が好きになれるきっかけにもなる重要なフレーズです。 毎日口ずさみ、反復練習やオンライン英会話などで実践を積むことよって自信がつきます。 最初はゆっくり大きな声で自己紹介することを心掛けて毎日練習しましょう。慣れてきたら、自分で少しずつ肉付けしていってください。 英語が好きになれて自信が付くフレーズです。諦めずに頑張りましょう。 以上が自己紹介フレーズ集です。次回からは自分がオンライン英会話や海外で覚えたフレーズを発信していきます。 "難しそう” "覚えられない” と思われますが大丈夫です。 1つ1つ例文をつけて説明致しますので安心してください。 一緒に頑張りましょう。